【小樽ホテル宿泊記】アルファベッドイン小樽駅前/朝食は市場の海鮮丼!

Alphabed Inn Otaru 国内ホテル
アルファベッドイン小樽駅前

こんにちは、shijumiです。

今回は北海道小樽で利用した「アルファベッドイン小樽駅前」宿泊記です。

新日本海フェリーで舞鶴港から小樽港へやって来て、
夜遅い22時以降のチェックイン。

この時間からホテルに宿泊するならどこにする??

今回選んだこちらのホテルの宿泊記とおすすめポイントを書いていきます!

このホテルを選んだポイント

まずホテル選びをする時に一番気がかりだったことは到着時刻が夜遅くてホテル滞在時間が短いこと。

景色に温泉に様々なサービス、豪華な朝食バイキングやフリードリンク。
それも魅力的ですがせっかくのサービスを堪能できません。

というわけで以下の理由でこのホテルに決めました。

  • 駅から近い
  • 新しく綺麗
  • シェアスペースや部屋のインテリアがオシャレ
  • 夜遅いので景色や豪華さにはこだわらない
  • 船でゆっくりできるから温泉・大浴場は無しでいい
  • 有名な市場に隣接で便利
  • 朝食に豪華海鮮丼!!

アクセス/小樽駅から徒歩2分

小樽港からバスで到着した時の行き方

小樽港からは公共交通機関のバスで小樽駅までやって来ました。
全く初めての土地に夜遅く到着するのは日本国内であっても少し心細く感じます(´・_・`)

①バスは小樽駅の少し手前で停まるので、バスの進行方向へ歩いていきます。

小樽駅降車用バス停
小樽駅降車用バス停

②しばらく進むと左手にバスターミナルが見えてきます。

小樽駅バスターミナル
小樽駅バスターミナル

③左手に小樽駅、右手にドーミーイン小樽が見えます。

JR小樽駅
JR小樽駅
ドーミーイン小樽
ドーミーイン小樽

④そのまま進んで「三角市場」の入り口前を通り過ぎます。
(写真は道路反対側から撮影)

三角市場入り口

⑤三角市場前を過ぎてすぐに左へ曲がると「船見坂」というかなり急勾配な坂があるので上ります。

小樽 船見坂
小樽 船見坂

⑥坂を上って一つ目の角に目的地「アルファベッドイン小樽」が見えてきます。

夜到着時のアルファベッドイン入り口
夜到着時のアルファベッドイン入り口

登ってきた坂道の角度がこの写真で伝わるでしょうか?
駅のすぐ横なのでこんな坂があることは全く想定していませんでした(*´∀`)

アルファベッドイン横の船見坂
アルファベッドイン横の船見坂

歩いた道順は↓↓の画像の通り。
ほぼ真っ直ぐ一本道で迷子になることはなさそうです。

小樽バス停からアルファベッドインまでの道順
小樽バス停からアルファベッドインまでの道順

電車で小樽駅に到着した時の行き方

①小樽駅の正面出入口に立って左手に進んでいきます。

②階段があるので上ります。
(階段の利用を避けたい場合は大通り沿いに歩いて行けます)

③右手に「三角市場」の入り口が見えます。

④左手にコインパーキング(三角市場駐車場)があります。

⑤右手に目的地の「アルファベッドホテル」が見えてきます。

駅から出てすぐ左にホテル建物が見えていて、徒歩2分でとっても便利な立地でした!

小樽駅からの道順
小樽駅からの道順

無人チェックイン

フロント等がなく完全に無人でチェックインするホテルは初めてです。
ロボットがフロントにいる「変なホテル」とも違います。

ホテル内に入って第一印象は豪華な無人ホステル

入口の自動ドアは予約時に送られてきた№を入力。

シェアスペースにチェックイン用のタブレットがあるので、ここで遠隔チェックイン。

タブレットの向こう側にいるホテルスタッフの方と端末を通じて宿泊手続きをします。

カメラで宿泊者の本人確認と同行者を撮影するなどしてチェックしているようでした。
初めての体験だったのでチェックインには7分ほどかかりました。

チェックインの様子
チェックインの様子

手続きが終わると画面に部屋番号と部屋のパスワードが出てきます。
この時パスワードだけを確認して部屋番号を見ていなくて(´⊙ω⊙`)
部屋がどこかわからず焦りました。

この画面の写真撮っておいて良かった(^_^;)

手続き完了すると部屋番号とパスワードが表示される
手続き完了すると部屋番号とパスワードが表示される

何でも揃ってる!?ホテル内施設

ホテル内施設、シェアスペース等
連泊する人や長旅する人にありがたい設備が備わってます。

しばらく住んでみたいな〜と思いました!

シェアスペース

シェアスペース
シェアスペース

コンセント、USBポート、無料Wi-Fiはもう当たり前な時代。

インテリアのオシャレさも目を引きますが、コーヒーマシーン、湯沸かしポット、電子レンジにトースター、冷蔵庫冷凍庫、コンロ、何でもあります!

自分の家のLDKをこんな風にしたい!

ランドリー

ホテルにランドリーが付いていることはよくあります。

あまり利用することはありませんが、これは充実してると思いました!

自販機とランドリールーム
自販機とランドリールーム

洗剤に柔軟剤にランドリーバッグに洗濯ネットまで!
こんなに準備してくれてます。

洗濯機
洗濯機
ランドリールームに用意されている洗剤
ランドリールームに用意されている洗剤

洗うものなくても洗いたくなりました。

自転車・スキー板置き場

倉庫、スキー・スノーボード・自転車置き場
倉庫・スキー、スノーボード、自転車置き場

冬の小樽はスキー客で賑わんでしょうね!

こんなスペースが用意されていました。

真夏なので誰も使っていないようでしたが冬の賑わう様子が想像できます。

アルファベッドイン倉庫内
アルファベッドイン倉庫内

客室「ベッドはコンパクト、スペースは広々」

部屋へ向かう廊下はクラシックな雰囲気。

アルファベッドイン廊下
アルファベッドイン廊下

中に入って、とにかくこの部屋気に入りました!
寝るだけの予定だったけどテンション上がります。

アルファベッドイン203号室
アルファベッドイン203号室

二段ベッドが二つ、最大四人宿泊可能。
ベッドのスペースを抑えている分、リビングスペースが広くて家にいるように寛ぐことが出来ます。

入口付近からの部屋全景
入口付近からの部屋全景

私がホテル宿泊で気になることは、部屋のなかで飲食できるスペースがあるかどうか。
狭い部屋ではコンビニなんかで買ってきたものをベッドの上で食べるしかない場合もあります。
食事するときは小さくても椅子とテーブルが欲しい。
この部屋は問題なく寛ぐことができました!

部屋にはシェアスペースと同様、冷蔵庫とコーヒーマシーンと湯沸かしポットにお茶類が用意されています。

スリッパ、ハンガー等全て4人分用意されていました。

トイレとシャワーブース洗面台がしっかり分かれているのもありがたい。
全て清潔でとても使いやすかったです。
アメニティも揃っています。
(歯ブラシ・クシ・剃刀・ボディスポンジ・洗顔&ハンドソープ・ドライヤー・シャンプー・リンス・ボディソープ・タオル類・ナイトウェア)

室内のテレビにはAmazon Fire TV Stickが完備されていて動画コンテンツを見ることができます。
時間がなかったのでYouTubeだけ利用しましたが便利そうでした!

リモコン各種 Amazon Fire TV Stick とか
Amazon Fire TV Stick とテレビとエアコンのリモコン

ベッドにはそれぞれナイトウェアが用意されていて、枕元に読書灯とコンセント・USBポートがあります。
ガラスの照明も小樽らしくて部屋にはモダンなアートも飾られていてとても落ち着きます。

ベット下段とナイトウェア

枕元の読書灯とコンセント類

部屋の照明とアート

徒歩圏内にコンビニあり

北海道にきたらセイコーマートに行きたい!
近くにあるのかなと探してみると、徒歩5分の所にありました。

セブンイレブンなら徒歩2分であります。

この距離ならアイスクリームも買って帰れそう。

アルファベッドイン周辺のコンビニ
アルファベッドイン周辺のコンビニ

この日はセイコーマートまで歩いて行き部屋で晩御飯を食べました。
北海道に来たーって感じがして好きなんです♪( ´θ`)ノ

セイコーマートなかた店
セイコーマート購入品

朝食は三角市場の豪華海鮮丼

このホテル宿泊の決め手の一つはこの朝食!
プランによっては2000円分の朝食券付きプランとかもありました。

アルファベッドイン小樽駅前、三角市場の朝食付きプラン

今回はいつでも予定を変更できるように素泊まりプランで予約。
実費で支払いこちらで朝食を頂くことにしました。

朝食についての詳しい話は別記事で書いています↓↓
小樽で豪華海鮮丼食べるなら!三角市場「鮮魚食堂かわしま」

小樽に住みたい!と思うくらい美味しかった♪♪

無人だけど荷物預かりOK??

チェックアウト後に帰りの船の出港時間まで小樽観光をします。

大きな荷物はできれば預けておきたい。
でも無人のホテルだから無理だよね?

無理は承知でチェックインの時に聞いてみました。
すると意外な答え。

「スキー板やスノーボードを置くところでよければ荷物を置いてお出かけされても構いませんよ」

!!聞いてみるものです。

スキー板を置いておく場所の鍵の部分に、カバンの持ち手に掛けて置いておいて良いとのこと。

チェックアウト後の荷物置き場
チェックアウト後の荷物はここに置いてもOK

もちろん貴重品や壊れやすいものが入っている場合はここに置いていくのは不安ですが大丈夫と判断できるものであれば利用するのもありだと思います。

今回はPCなど高価なものが入ってたので使いませんでした。

感想

このホテルの良かったところ!

  1. ソファとテーブルがあって寛ぐスペースが広い
  2. シャワーブースが意外と広くて使いやすかった
  3. お茶セットが充実、ゆったり過ごすためのものが揃っている
  4. 市場の朝食が最高すぎる

このホテルの良くないところ?(しいて言うなら)

  1. 無人なのでセキュリティ面が多少不安
  2. 急な坂や階段があるので足の悪い人には厳しい立地かも

全般的に大満足!
朝食を市場で食べた後に部屋でコーヒーを飲んで、バスの時間ギリギリまで部屋で過ごしました。

寝るだけの予定だったけど名残惜しかったなぁ…

小樽から電車・バス・車で観光に移動するなら最高の場所!
また機会があれば利用したいです。

次は朝食・三角市場の話。
ではまた〜♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました