大分フェリー旅①《さんふらわあ弾丸フェリー》|ぱーるに乗船!ツーリスト(大部屋)往路夕食バイキング|神戸→大分

船・乗船記

こんにちは、フェリー旅推し!shijumiです。

今回はさんふらわあ弾丸フェリーで
さんふらわあぱーるに乗船。

神戸港を出発して西大分港を目指します!
弾丸1日観光の様子は別記事で書くのでそちらも見ていただけると嬉しいです☆

さんふらわあ弾丸フェリー(弾丸クルーズ)とは?

さんふらわあ弾丸フェリー(または弾丸クルーズ)とは?
さんふらわあに
船内2泊現地0泊で乗船するプランです。

2泊する宿泊料金と目的地への旅費が一つになった旅行プランのようなもの
・:*+.\(( °ω° ))/.:+
料金は10,000円〜でとってもお得!

弾丸フェリー旅イメージ
弾丸フェリー旅イメージ

弾丸フェリー弾丸クルーズの違いは?
ズバリ!
お部屋のランクの違いです( ̄∀ ̄)

詳しくは公式ホームページをご覧ください♡

乗船費用は?

今回の旅費集計(片道2人分)!

往復切符なので往路分の乗船料は半額で計算します♪
今回の旅費合計は17,210円(2人分)

1人8,605円一泊して夕食付き神戸〜大分を移動できてしまいます(*’▽’*)
お得!!

項目金額メモ
乗船料10,000弾丸フェリー(往復)片道分
5,000×2
駐車料金2,000半日500円、1日1000円、半日500円
3日分合計
船内売店1,870ドリンク
お土産
御船印
船内レストラン3,000夕食お試しスモールバイキン
1,500×2
連絡バス340フェリーターミナル〜大分駅
170×2
合計17,210
旅費集計(往路)

六甲アイランドのフェリーターミナル

今回の旅では車をフェリーターミナル内に駐車したまま
船には徒歩で乗船。

パーク&シップ
というサービスです(2021年9月時点)
※このサービスが実施されているかどうかは公式ホームページでご確認ください

17:00
神戸六甲アイランドにあるさんふらわあフェリーターミナルに到着しました。
一度フェリーターミナル内に車を停車して
ターミナル内で乗船手続き後に駐車場の案内があります。

六甲アイランドさんふらわあフェリーターミナル
六甲アイランドさんふらわあフェリーターミナル
六甲アイランドさんふらわあフェリーターミナルの駐車場
六甲アイランドさんふらわあフェリーターミナルの駐車場

今回利用しませんでしたが、
公共交通機関でのアクセスには連絡バス(有料・但し一部区間無料)があります。
詳しくはこちら!←

乗船手続きをしてチケットが発券されました。
弾丸フェリーなのでお部屋はツーリスト(大部屋)
どんな部屋なのか?楽しみ♪

さんふらわあぱーる乗船券
さんふらわあぱーる乗船券

混雑する時期には手続きに長い待列ができることもあります。
乗船は出港の1時間前にスタートするので
少しでも早く乗船したい場合はなるべく早く手続きを完了していた方が良さそうです。

この日は空いていました。

乗船開始まで40分ほど
2階の待合室で待ちました。

六甲アイランドさんふらわあフェリーターミナル2階待合室
六甲アイランドさんふらわあフェリーターミナル2階待合室

ぱーる乗船・ツーリスト(大部屋)

18:00
乗船が開始したので早速船内へ。

六甲アイランドでさんふらわあぱーるに乗船
六甲アイランドでさんふらわあぱーるに乗船

まずは本日のお部屋に荷物を置きに行きます。
乗船口のある5階デッキ5804号室です。

5階5804号室
5階5804号室

さんふらわあの大部屋は清潔で快適なイメージがあります。

特にフランスベッド社製のマットレスが寝心地が良く
シーツとキルトケットをセットすると
小さいベッドの様に仕上がります(*^▽^*)

とっても快適♪

ツーリスト(大部屋)室内
ツーリスト(大部屋)室内
一人分の寝具セット
一人分の寝具セット

出港までの時間

出港までの時間にすることはひとそれぞれ違っています。
できることはこんな感じでしょうか↓↓

  • 売店で買い物
  • 船内の散策
  • 屋外デッキで出港準備を見学
  • 大浴場で入浴
  • レストランで夕食
  • パブリックエリアや部屋で夕食
  • 部屋で過ごす(早速寝る)

今回のshijumi的過ごしこ方は、、、
売店の買い物出港準備の見学

まずは売店

購入したのは

さんふらわあカレー 500円
さんふらわあタオル 230円
ぱーるの御船印 300円
瀬戸内レモンサワー 180円
大分県産日田梨のサイダー 160円

フェリーの売店では寄港地の限定ドリンクが売られていることが多いので毎回購入しています♡

さんふらわあぱーる売店購入品
さんふらわあぱーるの売店購入品
御船印とは?

御船印は
フェリーや客船に乗船すると記念に発行してもらえます。
お寺・神社の御朱印の様に『御船印帳』にコレクションして楽しむものです。
集めた社数に応じて称号が与えられます!

出港

18:45
出港前のドラが鳴りました。

屋外デッキへ出て出港準備の見学。
港と繋いていたホーサーというロープを船内に回収したり
ランプウェイという車両が乗り降りする入口を閉めたり

少し離れた神戸の夜景を背景に船員さんたちの仕事を眺めます。

さんふらわあぱーると六甲アイランド
さんふらわあぱーると六甲アイランド

19:00
神戸港を出港しました。

出港してすぐに阪神高速の東神戸大橋が見えます。
これを見ると神戸港だなぁとわかる印象的な橋。

とっても綺麗♡

乗船した9月は気候が良くて屋外でもゆっくり滞在できます。
冬はすぐに室内に退避してしまうので、
しばらく海風に吹かれて海上から神戸の街並みを楽しみました。

さんふらわあぱーるのファンネル(煙突)
さんふらわあぱーるのファンネル(煙突)

夕食バイキング(お試し)

19:15
船内レストランで夕食にします。

この乗船時はお試しスモールバイキングが開催されていて
通常2,000円のところ1,500円になっていました。
料理の品数を少し減らしているようでした。

さんふらわあぱーる船内レストラン
さんふらわあぱーる船内レストラン

レストラン利用客のピークを過ぎていたようで、、、
料理が残りわずかになっていました(´⊙ω⊙`)

、、というわけで
参考になりづらいですが料理はこんな感じでした↓↓

目一杯盛り付けて(*´∇`*)
時間いっぱいレストランでの食事を楽しみました。

さんふらわあぱーる 夕食お試しスモールバイキング
さんふらわあぱーる 夕食お試しスモールバイキング

レストランの営業時間は20:30迄となっていますが
20:30は料理が下げられる時間。
レストランエリアは21:00頃まで利用できそうでした。

船内散策

夕食後
大浴場に行ったり部屋でまったりして寝てしまいました。

そして恒例の深夜の船内散策♪

1:10
目が覚めて部屋の窓から外を見ると瀬戸内海の島々の夜景がすぐ近くに見えます。
しまなみ海道の橋の一つ「来島海峡大橋」が近づいているようです!

橋の通過までの時間に船内散策開始!

エントランス付近の案内所と階段
エントランス付近の案内所と階段

まずは5階
エントランス付近の案内所前
この辺りにはソファやテーブルもあって船外の景色を見ながらまったりと過ごせます。

ソファに座ると売店とゲームコーナが見渡せる。
深夜に目が覚めた時はこの辺りに座っています。

エントランス付近のソファからの景色
エントランス付近のソファからの景色

売店とゲームコーナーの間に自動販売機コーナーがあります。
カップ麺販売機とカウンターテーブルがあるので
ここで食べることができます。

自動販売機コーナーのカップ麺
自動販売機コーナーのカップ麺

6階に上がって5階を見下ろします。
他の大型フェリーの様な広いホールの様な場所はありません。

6階から見た5階ホール
6階から見た5階ホール

6階には有料のマッサージチェアがありました。
船内でよく見かけます。
ドライバーさんが多いから需要あるのかな?

さんふらわあぱーる船内の6階
さんふらわあぱーる船内の6階

来島海峡大橋

1:25
船内をうろうろしている内に来島海峡大橋が近づいてきました。

船から見たしまなみ海道
船から見たしまなみ海道

この辺りはフェリーで通過する時間がいつも深夜
なかなかお目にかかることができないポイントです。

小さい島が次々と現れる瀬戸内海ならではの風景
深夜でも行き交う船は多い

夜の撮影に向いている機材がないので写真に収めることができなくて残念。
↓スマホ撮影の限界(笑)

深夜にすれ違う大型フェリー
深夜にすれ違う大型フェリー

1:34
いよいよ橋の下を通過。
瀬戸内海航路では3つの橋を通過します。

明石海峡大橋瀬戸大橋は何度も見ていますが
この来島海峡大橋をじっくりと見るのは初めて(๑>◡<๑)
レア!!

来島海峡大橋を通過
来島海峡大橋を通過

朝日を見よう!

フェリー乗船でのお楽しみ
水平線から登る朝日を見ること。

天候に恵まれたので期待できます。

5:55
屋外デッキへ行くと既に多くの人が朝日待ちをしていました。

さんふらわあぱーる早朝の屋外デッキ
さんふらわあぱーる早朝の屋外デッキ

風はなく波も穏やか、雲も少ない!
さぁ水平線から昇る朝日を、、と思っていたら
この時すでに湾内に入っていたので水平線からではありませんでした(°▽°)

6:03
太陽が顔を出し始めました。

さんふらわあぱーる大分港からの日の出
さんふらわあぱーる大分港からの日の出

工業地帯からの日の出
自然と人工のコラボもいい感じです♪

大分港工業地帯からの日の出
大分港工業地帯からの日の出

下船

今回もあっという間に下船の時間(T ^ T)

6:25
下船が開始しました。
さんふらわあのテーマソングが流れています。
これ、CDじゃなくて配信であればいいのになぁ。

さんふらわあ〜、さんふらわあ〜、太陽に守〜られて〜♪

下船したらすぐに連絡バスに乗車。
今回も弾丸1日観光
大分駅でレンタカーを借りて出発!

さんふらわあフェリーターミナルから大分駅行きの連絡バス
さんふらわあフェリーターミナルから大分駅行きの連絡バス

帰りのフェリー乗船時間の18時30分まで
滞在12時間の弾丸観光については次回!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
次も読んでもらえたら嬉しいです♡

ブログ村ランキングに参加しています。
↓ポチッとしてもらえると励みになります(๑>◡<๑)↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました